国産丸大豆への・・・こだわり
 近喜は近江の国(今の滋賀県)から京の地に遷った近江屋喜八が天保5年(1834年)に創業いたしました。
当時の屋号は「湯葉喜」で湯葉作りが中心であったと伝えられております。
 三代目の頃、日本で初めて発動機付きの石臼を導入し近代的な豆腐作りを始め、屋号を初代の名前にちなみ「近喜」と改めました。六代目となりました今も大豆にこだわり
使用する大豆はすべて国内産丸大豆です。
 日本全国の農家の方々に作っていただいている安全で美味しい大豆を独自に研究配合し個性あるお豆腐を作り出しております。
 豆本来の味を活かした近喜のお豆腐をぜひご賞味ください
音更大袖振大豆 岩手みどり 越前大野赤大豆 宮城県白目大豆
  北海道十勝平野でつくられる
  甘味が非常に多い大豆で、
  イソフラボンが通常の大豆の
  2倍ほどになります。
  みどり色のきれいな大豆で、
  非常に甘味があり上品な風
  味を持つ大豆です。
  減農薬減化学肥料の農場で
  つくられる甘味のある赤色の
  きれいな大豆です。
  色調がきれいな甘味のある
  大粒の大豆で、近喜ではお
  ぼろ豆腐にブレンドされてい
  ます。
サチユタカ エンレイ さとういらず
  フクユタカとエンレイを交
  配させたたんぱく質の多い
  新種の大豆です。
  たんぱく質の含有量が多く、
  食感がしっかりした風味豊
  かな油揚げを作ることが出
  来ます。
  その名の通り、お砂糖も要ら
  ないぐらい糖分の多い大豆
  です。減農薬無科学肥料栽
  培です。

賀茂とうふ 近喜:トップページ大豆のこだわり使用大豆の産地豆腐の効能
豆腐やお揚げ・湯葉の販売はこちら